2014年03月11日

パラリンピック

3月11日で東日本大震災から丸3年。まだまだ復興道半ばである状況が、
最近の報道からも伝わってきます。
長野県北部地震からも同じ時間が経っています。
報道に差がある気がします。
僕たちは同じ地域の住民として、
決して忘れずに、
一日も早い復興を願います。

先日あるお店で、
26歳のボスニアヘルツェゴビナ出身の、
信州大学留学生と知り合いました。
来日6ヵ月とまだ日本に来て時間が浅く、
片言の日本語と片言の英語で、
1時間ほど話をしました。
ストイコビッチ選手やオシム監督など、
サッカーネタが多かったのですが、
30年前のサラエボオリンピックも、
生まれる前の大会だったにもかかわらず、
彼の大きな誇りであることを聴きました。
16年前の長野オリンピックでは、
ボランティアとして参加したことを伝えると、
本当に楽しそうに聴いてくれました。
今ソチではパラリンピックが開催されており、
日本選手が大活躍しています。
ボスニアヘルツェゴビナは、
内戦など悲しい時代もありました。
今回もウクライナ問題で、
パラリンピックのボイコットを示唆する国など、
開会前は政治色もぬぐえませんでした。
生まれる前の大会を誇りに思うなど、
年代にかかわらずスポーツは万国共通です。
僕らの代表、
パラリンピアンを大きな声で応援しましょう!
DSC_0546.jpg
           kisshi
posted by NFH at 08:11| Comment(0) | TrackBack(0) | Weekly Kisshi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/90100785
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック