2014年12月15日

長野パルセイロ#5大橋選手

先週末はまた大きな寒波が来襲し、
各地に大雪をもたらしました。
そんな中、
14日日曜日は第47回衆院選の投票日で、
僕も一票を投じてきました。

どの政党が勝ったかとか、
誰が当選したかも大切なことですが、
今回一番気になったことは、
投票率(小選挙区)が52.66%と、
過去最低だった前回を6.66%下回り、
最低を更新してしまったことです。
つまり約半数の人しか投票しなかった
=約半数の人は投票する権利を放棄した
ことを示しています。

テレビのインタビューなどで、
投票に行かなかった人の声を聴きましたが、
『投票しても変わらない』
『きっと政権はそのままだろう』
という回答が多く、
要は『どうせ変わらないだろう』
ということみたいです。

今回最も多く得票したのは自民党ですが、
得票率は46%でしたので、
半分以上の票は他党が得票しています。
それなのに今回の選挙では、
与党が3分の2を占める結果となりました。
得票率は過半数以下でも、
議席数は3分の2って何だか不思議です。

小選挙区と比例代表重複立候補というのも、
さらに不思議なことがあり、
小選挙区1位の方が当選なのは当然として、
重複立候補者は惜敗率で復活するので、
2位はそのまま落選し、
3位が復活当選したなんて結果もありました。

僕はこれまで選挙を棄権したことはありません。
たまにしか果たせない権利ですから、
これからも皆勤賞を続けていきます。
                 kisshi
長野パルセイロの#5大橋選手が来店。
IMG_0194[1].JPG





posted by NFH at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | Weekly Kisshi
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/106708379
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック