2014年10月23日

栗城 史多さんの

登山家 栗城史多さんのセミナーに参加しました。
見えない山(夢)を登る全ての人達へ

感動して涙。涙!でした。
エベレストにアタックし、9本の指を凍傷で失うも、今だ、インターネット配信で生中継で、一人で挑戦を続けておられます。
登山家にとって、一番嬉しい瞬間は、頂上ではなく、頂上にたどり着く3m手前だそうです。
夢が叶う、あと少しで目標が見える。
その時だそうです。
苦しみ、不安、孤独。
それに向き合って苦しみと友達になるかのように苦しみを楽しむ時、
みんなは助けてくれて、山は越えられます。

僕にはどんな山があるんだろう。
山を楽しんでアタックします。

posted by NFH at 18:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 餃子日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/104851376
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック